2019年02月22日

解散届け..


  本日都庁選管に政治団体 ( 地域政党じも党 ) の解散届けを提出し受理された ... 。

DSC04665.jpg


  長年会計責任者の任を御願していたI氏にお礼を申し上げて近々一献でもと思ったら、そのIさんから、「 A先生が亡くなったよ! 」 と御聞きして驚愕した、A先生はI氏とは共通の盟友で長年音沙汰だったので心配はしていたがまさか他界していたとは知らなかったからだ、全く持って諸行無常である ... 。

  人間の幸福とは、生き死にとは、話は仏法にとびますが、「 相対的幸福 」 とは、経済的な豊かさや社会的な地位など、自分の外の世界から得られる幸福、一方、「 絶対的幸福 」 とは、困難や試練にも負けることなく、生きていること自体が楽しいという境涯の確立、亡くなったA先生は前者だったのかも知れません ... 。

  たとえば、「 女性の幸せとは、人間の幸せとは、学歴や財産、あるいは結婚といったことで決まるものではない。すべては、人間として、自分に勝つ強さをもつことから始まる 」 仏法で説く、「 幸福 」 は、自分の外にあるのではなく、自身の胸中にあります。その “こうふくの宮殿” の扉を開く実践が、唱題であり、広宣流布の活動です ... 。


morigasaki.jpg



  法華経は慈悲の経典です、「 救いたい 」 という思いがあるから、「 どう救えばよいのか 」 と悩むのです。慈悲があるからこそ、智慧が湧く。それが 「 方便力 」 です。仏とは、ある意味で、悩み続ける人のことかもしれない。人々の 「 幸福になる力 」 を開くために。自身の使命を果たすために ... ( 法華経の智慧から転載 ) ... 。

  若き日の池田先生が大田区大森の森ヶ崎海岸で、キリスト教への入信を打ち明ける友と語り合ったことを思い先生は、まだ、友人に確信を持って語ることのできる思想や哲学はなかった。「 ぼくの願いは、君が幸せになることだ。ぼくが進もうとする道とは異なると思うが、人生の大空に飛び立ってもらいたい。お互い頑張ろう 」 と森ヶ崎海岸という題の詩を残した ... 。

  そして先生は後に青年たちに語った、「 .....もし、彼と会うことができたら、また、人生を語り合いたい。そして、仏法を教えたいと思う、布教といっても友情から始まる。相手を尊重してこそ、本当の対話ができる 」 と... 。 解散届けを出した今日思う、A先生が生きていて再び会うことがあったらきっと池田先生と同じだったと不肖小生も思います 。。。




  Ps.「 森ヶ崎海岸 」 

    岸辺に友と 森ヶ崎
    磯の香高く 波かえし
    十九の春  道まよい
    哲学語り  時はすぐ ( 中略 ) ... 。



012b5bf0.jpg
posted by 石君 at 17:37| 東京 ☀| Comment(0) | “ じも党 ” ( 地元 ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

政治ポスター..



  政治ポスターが目に付くようになった ... 。

  長年の感でいける ( 当選する ) 候補者が判るようになっている。女性候補だが全くの無名の新人、政治ポスターの弁士も “じも党” 大田区とは縁のない都議会議員だ、でも 『 この人は当選するな! 』 と判ってしまう、不思議なんだけどそれが極めた人間の感だ。早速知人の無所属候補者に連絡を取って戦略を促した ... 。

  投票率が上がらない選挙では組織票の有る候補者が当選する、今度の地方選も然り、その中で政治離れした有権者が求める候補者が意外性の候補者だ、『 何か変えてくれそうだ! 』 『 格好が好い! 』 『 ヒーローみたいだ 』 等々、浮動票の本質がそこに在る、自民、公明、共産、これらの政党以外はまだコアな政党とは言えない ... 。


sns_77621_0315500001511144236_0.jpg



  二大政党制に何故するのが良いのか、それは、一人が財布を握るより交代で握るほうが使い方や配分が変わるでしょう!、という “事” だ。だがどちらに成っても別に大衆庶民には差ほど関係はない様にも思う、権力争い利権争い、その程度の政治なら現状でも良いという有権者がいても不思議ではない ... 。

  軍資金が揃えば何時でも何の選挙にでも打って出るつもりだが、政治に魅力を感じない有権者が増える中では容易ではないでしょう、“カネ” の価値観も人夫々だし、ましてや後でガタガタ言われるのもウンザリだしね!。今は電話を取らない友人も暫く待ってて欲しい、今はそういう時期だから御理解の程宜しくお願いしますと不肖小生も思います 。。。
posted by 石君 at 22:57| 東京 ☁| Comment(0) | “ じも党 ” ( 地元 ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

駆逐..


  最近では月1〜2回しかアップ出来ない儚い小生のブログも常時100人からの読者に見てもらいその事事体を喜んで良いのか悪いのかは別として辞めたくても止められないでいる ... 。

  そう云えば最近の聖教新聞紙面に池田先生の小説・新人間革命が紹介されている。世界広宣流布の第一歩はアメリカ・ハワイの地だった、アメリカといってもハワイはネイティブ色の強い島国でどこか日本に似ている温暖な気候も相まって信仰心が厚く穏やかな人種が多いのもそのせいかも知れないそんなハワイの地で還暦を迎えた今余生はハワイの地に永住し使命を果たせたらと祈っている ... 。


im_main_hnl.jpg



  1年は早い、否人生は早い、そう思う中でこの時期になるとあの忌々しい暴漢事件 ( 平成28年12月6日 ) を思い出す。一味は反省も無く間接的に絡んでは離れようとしない、100歩譲って犯人が警察に出頭し正直に告白し、その後一人で来て誠意を見せれば過ぎた事は忘れるがその条件はお互いに過去は清算して仲良くやろう!.. と言う事だが、まぁ無理だろうね、それが出来ないのであればこれ以上絡むなよな、近々弁護士に相談して殺人未遂で告訴をするぞ舐めるなよ ... 。

  来年の4月は統一地方選挙 ( 区議・区長選 ) があるが小生は執拗に後援者から強く出馬要請があるか、或は与党からの強い出馬の要請が無い限り自らが手を上げて立候補は致しません。また地域政党 “じも党” も今期限りで解散する。今後は政治であれ何であれ人間として恩に報いる生き方を88歳まで貫き通しその使命を果たして行きたいと不肖小生も思います 。。。  
posted by 石君 at 14:33| 東京 ☀| Comment(0) | “ じも党 ” ( 地元 ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする