2020年04月25日

Qanon..


  Qanonって知ってますか!? ... 。





  陰謀論の逆論版って感じなのかな!?。トランプ、プーチン、令和天皇、が世界を刷新。デイビット・ロックフェラーが他界しディープステートの悪玉が掃除されてる。でも可笑しくないですか。自分がディープステートの親玉だったら如何します。9.11の主犯格ビンラ−ディンはカリブ海の島で悠々自適 の生活をしているという情報も ... 。

  ヒトラーの娘がメルケルで親父は南米で余生を過ごしたとか、“火のないところに煙は立たたない” と云われるように真実とは創られるものではなく何時か明かされるものです。要は世論が高まれば親玉は方針を変えれば良いだけなんです。その表舞台の役者が米国ではドナルド・トランプに変わっただけなんだと思います ... 。


ダウンロード (1).png



  そうか、じゃあお前が遣れよ。ということだけでしょう。でなければニューコート ( ロンドン ) のジェイコブ・ロスチャイルドやフランスのダヴィド・ルネ・ジェームス・ド・ロチルド ( 英語でロスチャイルド家 ) がその財産を没収され牢獄送りで無なければ辻褄が合わないだろう。世間で取り立たされている人達はみんな只の支配人クラスだから ... 。

  要は支配者の支配の仕方が変わるだけでその根本は変わらないと思うからです。何かが変わるのはその通りだけど女王蜂の理論は何も変わらないでしょう。要は自分が変わらなければ何も変わらないことに早く気付く “事” です。支配者はその時々で利用できる者は最大限利用します。それがプーチンでありトランプであり令和天皇なのだと不肖小生も思います 。。。

  
posted by 石君 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 核格私家時価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月22日

豊かな生活..


  コロナショックで人生の価値観が一変する ... 。



  ミニマリストになろう


 世界に猛威を振るう新型コロナウイルス。このウイルスは変異を繰り返しながら世界に広がっています。現在進行形の今、私たちが覚悟しなければならないのは経済の失速であり、貧困へのスパイラルです。

私はこの世の中に違和感を感じながら生きてきました。その違和感は 「 贅沢の追求 」 であり、「 平凡な庶民生活への偏見 」 でした。高額な洋服を着て豪邸に住み、高級車を乗りまわす・・そもそも、一泊数十万円のスイートルームに宿泊するなんてそんな生活は、庶民感覚では馬鹿げた話です。

加えて、庶民レベルの普通の生活をさげすみ、あざ笑うような人々にも気味悪さを感じていました。真面目に平凡に生きる男性を 「 対象外 」 と捉え、身を飾り、遊びのみを追求する女性にも嫌悪感がありました。「 愛も尊敬も、所詮 「  」 ということなのか 」・・高学歴、高身長、高収入という評価基準そのものに、私は 「 卑しさ 」 「 醜さ 」 を感じていました。

けれど悲しいことに、そういう世界に私も生きるしかありませんでした。結果、金儲け主義のビジネスの中で私は33年間も生きたのです。

27歳にして離婚せざるを得なかった貧しい私は、その後収入を増やし、最終的に会社役員となって、人並みの生活を手に入れました。ただし、私の収入は年収1000万円を超えたことはありません。経営者になっても、常に経営難に見舞われて、高いリスクの中、むしろサラリーマン時代より年収は落ちました。それでも、私は十分な収入を得ましたから、今、無借金で衣食住が確保できています。

60歳で私は経営者を引退、修羅の世界から離脱しました。そして給与半分の世界に転職したのでした。

そのときの気持ちは、残酷な結末が訪れなかったことへの感謝でした。倒産せずに引退できたこと、借金を抱えなかったこと・・特別に儲けた訳ではありませんが、地獄に落ちなかったことが私にとっては最高最大のゴールだったのです。

2020年1月、私は役員だった会社を引退、翌月の2月1日から介護施設の正規雇用職員として新スタートしました。

あれから2か月が経過して、世の中は大混乱に陥ったのです。私の転職と同時に、コロナウイルス問題が世界に広がりました。あまりなタイミングの重なりに、いまさら驚いています。

私は質素な生活をすれば、十分に豊かに暮らすことができます。生命保険の内容を変え、散髪屋も変えました。現在、ひたすら仕事に集中し、倹約に努めていて、何不自由ない生活をさせていただいています。

着る服も乗るクルマも今あるもので十分です。外食をほとんどしないし、手弁当で職場の行き来をするのでまったくお金を使いません。財布のお金はほとんどなくなりません。収入が半減しましたが、おそらくこれからの生活はまったくダメージを受けないと思います。

私は過分なお金は得られませんが、幸福度は何倍も高くなりました。まして、やりがいのある仕事を日々に体験できますし、仕事を通じて体も健康になり、体調も良いのです。心は透き通り、晴ればれとしております。

現代人は不要なモノを購入するために 「 お金の奴隷 」 になっています。本当に何が必要かを深く考えて環境整備をすれば、必要なモノ、好きなモノだけに囲まれた喜びの生活ができます。洋服を何百所有したところで、その日に着られるのは1つだけですから、モノではなく、生き方そのものが大事ではないでしょうか。

私はこれからさらなるミニマリストを目指すつもりです。ミニマリストになるというのは、賢く、几帳面になるということです。着る物、食べる物、住み家などを深く考え、もっともよい物 ( 価格ではない ) を手に入れ、整理整頓し、機能保持をすることです。さらに料理や修理技術があれば最高です。そうすることで、豊かな生活ができます。

そのようなミニマリスト生活を手に入れることができれば、きっとコロナショック時代でも安泰でしょう
 ... (転載記事) ... 。


yjimageVLVF7GRC.jpg



  上記転載記事の筆者にはとても共感するところがありますね。要は健康第一お金は第二ということでしょう。老化と共に病気になる確率も高くなります。全ては日常生活の積み重ねです。思い当たる人は体に悪いものは減らして良いものを増やす。単純にそれだけですから心掛けましょう。それと大事なのは “祈りとして叶わず祈りなし” の心だと不肖小生も思います 。。。
posted by 石君 at 01:38| 東京 ☀| Comment(0) | 核格私家時価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

一掃..


  週明け水面下で特殊作戦が遂行される気配がしている ... 。


images (2).jpg



  都市封鎖 ( ロックダゥン ) と同時に戦後国民を食い物にして来た悪党共が一掃される。映画の世界が首都東京の中心で起きる。それはコロナに感染したと見せかけて粛清する運びだ。既に工作部隊は配置されているだろう。既に米国では掃除が終わってる筈だ。次は同盟国の日本に韓国に北朝鮮かも知れない ... 。

  兎に角悪魔崇拝のフェイクフェイクで国民を騙し続け来た勢力が一掃される筈だ。これが逆ならもう打つ手は無く日本は文字通り沈没だ。いずれにしてもそのタイミングはロックダウンと同時の筈だ。政治・経済・最高裁判事・検察・警察・右翼・左翼・ヤクザ・総会屋・芸能界・スポーツ界全ての業界にメスが入る筈だ ... 。


ダウンロード (1).jpg



  日産のカルロス・ゴーン氏は逸早くその情報を入手し逃亡したに違いない。同時多発テロならぬ同時粛清作戦だ。TVのニュースでさらっと流している事件に目を留めると見えてくるものがある。今後のニュースには注目だろう。全てはコロナに感染したと報道される筈だから。各界の感染者に注目して見る “事” だ ... 。

  無論架空の推論であって欲しいが中国の武漢から始まったコロナ劇場には綿密な計画の臭いがプンプンしている。“世界は誰かの悪事で出来ている” この現実を引っ繰り返す出来事がこのコロナ騒ぎなら人類はこの痛みにジッと耐えて次のステージに行くべきだろう。例えそれが “死” であっても、と不肖小生も思います 。。。
posted by 石君 at 03:00| 東京 ☀| Comment(0) | 核格私家時価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする