2019年03月07日

法難..



  カルロス・ゴーン氏が保釈された ... 。

im-57953.jpg


  彼が何の信仰者か或は無信仰者かは知る余地もない、しかし人間に生まれたら、「 何時までも有ると思うな親と金、無いと思うな運と災難 」 と昔から云われているように良い “事” ばかりが人生ではない10億円の保釈金をポンと出して108日間の監禁生活から無事開放された彼の姿はお笑い芸人のようだった ... 。


【画像】カルロスゴーン保釈時の変装がバレバレ!なぜコスプレかの理由や意味3.jpg



  仏法 ( 法華経 ) の修行者には必ず法難がある、例えば、「 熱原の法難 」 は、健治・弘安年間に駿河国の熱原地域 ( 現在の静岡県富士市 ) で打ち続いた法難です。迫害の渦中熱原の農民信徒20人が鎌倉に送られました。農民に念仏を唱えるよう強要します。しかし、一人として退転せず3人が斬首され殉教しました ... 。

  神四郎・弥五郎・弥六郎の3人が斬首、残った17人も追放という処分を受けたのです。日蓮大聖人が 「 出世の本懐 」 を遂げる契機となった、弟子の戦いによって起こり、弟子が受けた法難です。池田先生は、「 広宣流布・すなわち人類の幸福・平和運動といっても、御本仏の闘争に連なり、戦う民衆が登場しなければ実現できるのものではない 」 と明言しています ... 。

  法華経法師品には 「 願兼於業 ( がんけんおごう ) 」 ( 願いが業を兼ねる ) の法理が説かれています。福運を積んだ菩薩が安住の境涯に生まれるという業の報いを捨てて、人々を救うために自ら願って悪世に生まれ、悪業の人と同じように悪業の苦しみを受けながら、妙法を弘通することが述べられたいます ... 。


yjimageVLVF7GRC.jpg



  人生の途上で出会う難の意味を捉え返すと、“信心で難を乗り越えようとする人にとって、苦難を受けるのは、実は人を救う菩薩の誓願のゆえであり、人々に苦難を乗り越える模範を示す機会である” すなわち、菩薩の誓願の力によって、「 自分自身のさまざまな宿命は、わが使命である 」 と捉え返していくことができる ... 。

  苦難や宿業との戦いも、いわば自分で選んだ 「  」 といえます。仏法の哲理は、私たちが人生の 「 名優 」 として “勝利の劇” を演じていくための、希望の生き方を示しています。Mファンドやゴーンのように金儲けだけが人生の我欲で傲慢な 「  」 を演じて生涯を終えるなら乞食でも法華経の行者として信心を貫いて生涯を終えたいと不肖小生も思います 。。。
posted by 石君 at 12:43| 東京 🌁| Comment(0) | 世 雄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする