2018年12月25日

最極のゴール..



  今世の人生で法華経に帰依する “事” は最極のゴールであり来世へ向けた使命の道でもある ... 。

  金も名誉もいらない、更に法華経に勝る兵法は無し、まだ仮免許中とは言えこの境涯に達した “事” を全ての縁した人達に感謝申し上げたい。まさかカネも名誉も要らない人間になるとは思ってもいなかった、この人生で過酷な最低の生活環境に居ても何不自由を感じることもなくなってしまったのは妙法の功徳です ... 。

  仮免許中とは、まだまだ現実社会で実証を示していないから、或はこのまま今世を終えるかも知れません仏菩薩の境涯ははっきり見えてはいるが “ショウモンエンカク” に留まって後は来世という運びになるのかも知れませんね創価学会で特に御婦人は学会活動即仏菩薩道となるので来世は幸福な環境容姿で臨終即誕生と成るのでしょう ... 。


yjimageVLVF7GRC.jpg




  生命の不思議さは計り知れませんしかし仏の教えはその方向を確り向くだけで宇宙大の境涯にしてくれます、釈尊、天台大師、日蓮大聖人、創価学会初代、二代、三代会長と連なった仏教の精髄法華経は信じたその瞬間から “宇宙の法・真実の道” へと導いてくれるのです、こんなに有難い法は他には存在しません、全ては “南無妙法蓮華経” なのです ... 。

  迷惑を掛けられた、或は金を返してくれなかった、そういう人もいるかと思います、でもこの法の功徳はそういう人達をも幸福へと包み込む “力” があります、忘れないで欲しいのは毎日の勤行で一切衆生の幸福を祈っているという “事” です、誰一人として漏らす事無く縁した全ての人とその家族の健康と幸福を祈って止まないのだと、不肖小生も思います 。。。 







  Ps.メリークリスマス&ハッピーニューイヤー.. 良いお年をお迎え下さいませ ... 。 

  
posted by 石君 at 13:04| 東京 ☀| Comment(0) | 広 宣 流 布 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

61回目の師走



  小生の誕生日は9月なので今年の12月は61回目の師走となる ... 。


0_0c2d36f5433979a9a9d77c05f02cef25_583x585.jpg



  新しい年を迎える最後の月、人生で最高の節目の年と成りました。還暦、平成年号最後の年、生まれてから成人までが波乱万丈なら、成人から還暦までの40年は奇想天外な人生だったかも知れません。昨年の暮れには還暦を迎えるに当り40年の総括として、“消滅時効の時効の援用権” を宣言しました、言葉を代えれば “カネの切れ目が縁の切れ目” を公言したとも取れる ... 。

  10年一昔、この間疎遠になればあかの他人同様の扱いだろう、ましてや金銭の貸借やトラブルがあればなおさらだ。気持ちは前向きに来たが現実は後ろ向きだった、ようは返す気はあったが返せなかったという “事” だ、過去の過ちを老後まで引きずるのは如何なものかと考えての決断だった ... 。


39c240e8732867d18253fef976c101e4_l.jpg



  実は法律を知ったのは最近のことだ、20代に親友の一人に裏切られ、彼は失踪そのまま天理教に入信現在は豊島区で障害者支援施設の責任者として働いていたのを最近発見、連絡を試みて会いたいと申し込んだがサラッと断られた、「 みんなとは縁を切った 」 と、きっぱり言われて出る言葉もなかった彼には1500万円の貸しが有ったがその瞬間消え去った ... 。

  『 そうかそんな生き方も選択出来るんだ 』 と、感心し昨年暮れの決断に到った。無論この先に億万長者の道が開ければ返済もあり得るがそれは非現実的と言えるだろう、残念だが失踪の彼と同様自分の道を行くのみだと思う。人生は早いはあっても遅いは無い筈だ、残された人生88歳までの間、自らの使命に行きぬきこの世を満喫したいと不肖小生も思います 。。。  
posted by 石君 at 11:48| 東京 ☁| Comment(0) | 核格私家時価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

信じるものは救われる..


  信じるものは救われる、とは、信心すれば幸せに成れるという “事” です ... 。


0d5ea3b1.jpg



  経済至上主義のニッポン国では、毎日の生活の中でお金の心配をしない日がない人の方が多いと思う、小生も “世の中金じゃないよ” と公言してはいたものの信心するまでは 20:80 の割合でお金が20で命 ( 人 ) が80だった、普通は 50:50 かな!?、それが信心してからは 1:99 に成った、正確には 0:100 なのかも知れない ... 。

  お金があれば移動が出来るし物も買えるでも中々本当の幸せ絶対的な幸福を得ることは出来ない、何故だろうか、人間はお金から生まれて来たのではないからだ、人間から生まれた人間にとって最も尊いのが人間に宿る “命” の存在だこの命が一番大切な “事” に気付いた時こそ人間は絶対的幸福の境涯に達成する ... 。

  そうなればもうこっちのもんだ、世の中に怖いものが無くなる無くすものも無くなる、つまり “無” になれるからだ、創価学会の強さはそんな “命” の存在に覚醒した人達の和合の集団だからだその原点が座談会にはある人類が待望してやまない新たな 「 対話の文明 」 を創造しゆく無限のエネルギーが “ザダンカイ” にはある ... 。

  座談会 ... 善智識たる友の集まり、世界平和への第一歩はアメリカ・ハワイの地であった、『 太平洋戦争の開戦の島であり、人種の坩堝ともいうべきハワイこそ、世界に先駆けて、人類の平和の縮図の地としなければならない。また、それができるのが仏法である 』 と池田先生は海外初の地区をハワイの地に結成されたのです ... 。

  本年、アメリカの青年大会は 「 正義の獅子・5万 」 と題してハワイの地に若き友が結集し草創からのパイオニアメンバー “100人” が皆を熱烈に出迎え感動の和が広がったそうです、世界平和は一人への励ましから始まったのです、2020年は “学会創立90周年” 海外平和の旅から60周年の佳節、その時はハワイの地に立っていたいと不肖小生も思います 。。。  
   
posted by 石君 at 15:15| 東京 ☀| Comment(0) | 広 宣 流 布 、弐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする